default

通勤バイクPS250のご紹介

通勤バイクPS250のご紹介

私が使用している通勤バイク、ホンダ製のPS250を紹介しよう。バイクと言っても、オートマ車両なのでスクーターだな。

PS250は、2004年に発売されたスクーターだ。そして2007年に生産終了。市販されていた期間はたったの3年だけ。人気が出なかったのだろう。

このスクーターの特徴は、極太フレームがむき出しになっている、スクーターらしからぬ外観だ。その姿は、普通のスクーターからプラスチックの外装を全て取り外したようなもので“ネイキッドスクーター”という変わったジャンルに分類されている。50ccのズーマーの大きいバージョンを想像してもらえれば分かりやすいだろう。“デカズーマー”と呼んでいる人もいるようだ。

また、タンデムシートが跳ね上がり、バックレストとなるところも大きな特徴だ。タンデムシートが倒れていた部分は大きな荷台として使用できるという素晴らしい利便性を持っている。

私が感じているPS250の良いところは、快適な街のりや通勤に利用できるところだ。馬力は19とまずまずだが、原付二種と比べれば倍近い数値。車体サイズは大きすぎず、小さすぎないという良い塩梅加減だ。

逆に悪いところは、スクーターであるにもかかわらずメットインが無く、防風効果も低いというところだ。この2つの問題点が無ければ、文句無しのスクーターだ。

ただし、走行性能面においては、お世辞にも「最高!」とはいえない。いや、オートマスクーターということを考えれば、十分なのかもしれない。ただ、マニュアルバイクも乗っているライダーからすると、どうしても不満が出てしまうのは仕方のないことなのだ。

私が特に気にしているのは、12インチのタイヤサイズ。やはりスクーターだけあって非常に小口径だ。125ccクラスならばまだしも、250ccスクーターとなるとそこそこ速度は出る。さらに、高速道路も走ることができる。となればもう少しサイズを大きくして直進安定性を高めてもらいたかった。

いろいろ書いてみたが、何だかんだで気に入っているスクーターだ。ただし、セカンドバイクとしてだが。メインバイクとしては少々物足りなく感じていただろう。

通勤バイクPS250のご紹介