default

フレームの塗装してみたい衝動があらわれる

フレームの塗装してみたい衝動があらわれる

後期型のPS250をこの間見てからというもの、羨ましくてしょうがない。前期型よりも、明らかに私好みなのだ。そんなわけで、フレーム塗装をしたいと思うようになった。

とわいえ、言うは易し行うは難し。

フレームを塗るためには、全ての部品を降ろさなければならない。こんな大それたこと、VMAXはもちろん、ドラスタですらやったことは無い。とんでもない大作業だ。それにサービスマニュアルも無い。仮にばらせたとしても、組み立てられるとは限らない。

トラブルの心配を抱えながらばらすよりは、カスタムショップに丸投げしたほうが安心だ。でも、その場合一体いくらかかることやら。

もしくは、フレームのカムフラージュグリーンを生かしつつ、各パーツを塗装。こちらのほうなら簡単かもしれない。それに、オークション等で後期型のカラーパーツが出品されていれば、塗装するよりも費用を抑えられることができる。

ということで、オークションでパーツを調べてみたが、少なすぎる。これは望み薄だ。不人気車ということをすっかり忘れていた。

とりあえず一度、塗装業者にPS250を見せて見積もりをしてもらうとしよう。色はカムフラージュグリーンをベースにする方向のほうが良さそうだ。エンジンからなにやら全て降ろすのはさすがに今の自分ではできない。というか工具も買い足さなければならないし。

しかし、最近PS250でばかり楽しんでいる気がする。セカンドバイクということを忘れそうだ。たまにはメインバイクであるVMAXでも乗りたい。だがツーリングで遠出するほどの時間はあまり無いからな。いずれツーリング仲間が何かを企画するのも待つとしよう。

VMAXのカスタムもしたいところだが、これといってやりたいポイントが無い。やるとしたらパフォーマンス系。外装はもう弄る気がしない。ヘタにライトカスタムしようものならヤマハらしい美しさを損ないそうで怖い。

VMAXのことを書いていたら、久々に乗りたくてウズウズしてきた。この感覚は久しぶりだ。連休が取れたらどこでもいいから乗ってこよう。

フレームの塗装してみたい衝動があらわれる