default

何だかんだでオートマは便利である

何だかんだでオートマは便利である

バイクの免許を取得後に初めて購入したバイク、XVS400。このバイクに乗っていたころは、頑なにマニュアル車両へ拘り、原付ですら乗る気が起こらなかったのだ。

しかし、そんな気持ちに変化が訪れたのは、大型免許を取得してVMAXに乗り換え、約1年が経ったころだった。

VMAXに乗り換え直後は、圧倒的なパワーに酔いしれていた。しかし、徐々に性能を持て余すようになった。ツーリングならまだしも、近隣に遊びに出かけるにはオーバースペック過ぎると分かりはじめたのだ。

そして、単なる移動目的にVMAXを使うのが嫌になりはじめてしまった。VMAXに乗るときは格好も妥協したくないし、気持ちも高めて乗りたい。そんな考えを持っているためか億劫でしょうがなくなったのだ。

そのため「軽い気持ちで乗れるものがもう一台欲しい」と思うようになり、オートマも悪くないのではと考えを改めはじめたのだ。

そんな時、転職が理由で通勤の足が必要となった。私は車を持っていない。乗り物はVMAXだけだ。これで通勤は辛すぎるということで、セカンドバイクを探した。そして、原付二種辺りでも適当に買おうかと思っていた時にPS250に出合ったわけだ。

PS250に乗り始めたころは、走行性能には若干不備を感じていた。同排気量のマニュアルバイクと比べると、性能のトーンが落ちるからだ。といっても、それを帳消しにするほどの快適性には満足していたのだが。

完全にオートマを見直すようになったのは、彼女とタンデムをするようになってからだ。VMAXでのタンデムは嫌だったので、一度もしていない。PS250ならば特に問題も感じず、街乗りで二人乗りするようになった。そして、先日のタンデムツーリングでよく分かった。

オートマは便利であると。

おそらくVMAX1台しか所有していなかったら、彼女とタンデムして旅を味わうことは無かった。そして、彼女が写真撮影をどれだけ楽しんでいるかを、知ることも無かっただろう。

だからといって、VMAXが駄目かというとそんなことは無い。マニュアル1台。オートマ1台。互いに欠点を補い合う状態が、理想のバイクライフのような気がする。

何だかんだでオートマは便利である