default

何とかPS250を復活してもらえないものか

何とかPS250を復活してもらえないものか

PS250をメンテナンスするにあたり、ネットで情報収集していたのだが、PS250には結構コアなファンが多くて驚いた。私は特に背景情報を気にもせずに購入して乗り続けていたのですが、意外と人気の高いレア車両なのかもしれない。

となってくると、ますます愛着が湧いてくる。何とか生産再開してくれないものか。

過去の生産再開例をあげてみると、ホンダ製ビッグスクーターのフュージョンが見事に復活している。

1986年に発売されたフュージョンだが、時代にニーズにそぐわなかったためか、脚光をあびることなく1997年に生産終了。

しかしその後、空前のビックスクーターブームが沸き起こると、中古車のフュージョンが売れに売れたのだ。そして、その需要に応えるように2003年に復活したのだ。

まあ、2007年には再び生産終了してしまったのだが。

PS250もフュージョンと同じホンダ製。もしかしたら、夢物語ではないかも知れない。復活を希望するライダーの声も多い。ホンダさんよろしく頼む。

もしくは、リニューアル販売はどうだろう。私のメインバイクのようにVMAXからNEW-VMAXへと進化しても面白い。その場合は、ぜひともホイールサイズをアップしてもらいたい。

またまたもしくは、125ccの原付二種クラスでの展開も面白いと思う。だがさすがにこれはないか。すでに発表済みのベンリィ110と被ってしまう。

ベンリィ110も面白いと思う。個人的には原付二種の中で今一番期待している車両だ。走行性能が良好ならば、通勤や街乗りオンリーのセカンドバイクとして悪くない。ただしツーリングにこれで行くのは無理だろう。

私はなかなか意固地な性格なもので、自分が気に入って所有しているものは、10年、20年経っても今と同じように手に入れられないと気がすまない。よって、PS250のような生産終了モデルのように、乗れる期間が確実に限られているようなものは、気持ちが悪いのだ。

しかし、私が死ぬまで乗り続けてゆけるようなバイクは、ハーレーくらいなものだろう。スクーターならベスパだ。これらを所有するのが、私には一番なのかもしれない。

何とかPS250を復活してもらえないものか